今日のブログの人気記事を見ると、「スカイトラベラーカード」に関しては一番人気だったので、追加で記事を書きたいと思います。

参考:【ハピタス】アメックススカイトラベラーカードの入会キャンペーン

今回は、スカイトラベラーカードとグリーンカードとの比較について表でまとめました。


スカイトラベラカードグリーンカード
1年会費10,800円12,960円
2ポイント付与率100円=1ポイント100円=1ポイント
3航空券購入でポイント3倍通常と同じ
4初回航空券購入でボーナス5000ポイントなし
5毎年継続特典1000ポイントなし
6ポイント有効期限無期限条件付き無期限
7ポイント➡マイル移行率1000ポイント➡1000マイル1000ポイント➡1000マイル
8ポイント➡マイル移行手数料なし年間3,240円
9国内空港ラウンジ無料ありあり
10航空便遅延保険最大20,000円なし
11無料手荷物宅配サービス羽田を除く復路のみ往復とも
12海外旅行傷害保険最大3,000万円最大5,000万円
13無料ポーターサービスなしあり
14ショッピングプロテクション最大200万円まで最大500万円まで
15リターンプロテクションなしあり
 
表から見ればわかるとおり、コストやポイント還元率の面ではスカイトラベラカードの方がおトクです。保険の面についてはやや劣りますが、日常生活で保険を使う機会はほとんどないので気にしないで大丈夫です。

11の無料手荷物宅配サービスに関しては、スカイトラベラカードは復路のみしか利用できなく、羽田空港は対象外となっています。グリーンカードは空港にかかわらず往復で宅配できますが、往路では出発前7日間予約しないといけません。羽田空港を利用する機会が多く、荷物を常に出発前7日に用意できれば、グリーンカードの方がいいかもしれませんが、そうでない場合は、年会費安めかつポイント特典多めのスカイトラベラカードの方がよい。

参考:【ハピタス】アメックススカイトラベラーカードの入会キャンペーン