「ハピタス」よりFX口座開設して、無料で北米往復のANAビジネスクラスを乗る方法について書きます。

↓まず、これは北米行のANAビジネスクラスのシートです↓

0702-lang-multi

















写真のように、ANAビジネスクラスは、エコノミークラスと違い、就寝時にファーストクラスと同様に180度フラットになれるので快適に寝れます。ファーストクラスの縮小版と考えてもいいでしょう。座席が快適はもちろん、地上では(エコノミークラスとはっきり区別つくように)ビジネスクラス専用のチェックインカウンター、保安検査場、ビジネスクラスラウンジや優先搭乗口も用意されてます。無料でビジネスクラス搭乗するのも同様です。

早速、本題に戻ります。

FX口座開設することで、無料で北米往復のANAビジネスクラスチケットをゲットするために、まずは、

ANAソラチカカード

を入会する必要があります。

次に、ハピタスの会員登録とを行います。

↓ハピタスの会員登録はこちら↓
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタス会員登録完了後、ハピタスから、以下の10つのFX業者の口座を開設します。()内は獲得するポイント数です。
  1. SBI FXトレード(12000ポイント)
  2. ヒロセ通商 LION FX(4000ポイント)
  3. GMOクリック証券(5000ポイント)
  4. FXトレード・フィナンシャル(10000ポイント)
  5. DMM.com証券(18000ポイント)
  6. 外為ジャパンFX(15000ポイント)
  7. マネックス証券(5000ポイント)
  8. セントラル短資FX(5000ポイント)
  9. トレイダーズ証券(9000ポイント)
  10. SBI証券(4000ポイント)
1~10で合計87000ポイントもらえます。87000ポイントを「ハピタス→ドットマネー→「ソラチカカード」のメトロポイント→ANAマイル」の順に移行すると、ANA78300マイルになります。北米行のANAビジネスクラスの必要マイル数は、ローシーズンで75000マイルです。

ちなみに、ソラチカカードなしだと、「ハピタス→ドットマネー→Tポイント→ANAマイル」のルートのみで、ANA43500マイルになります。43500マイルは、ローシーズンの北米行のANAエコノミークラスですら乗れません。

ただし、FX口座開設するだけでポイントもらえません。ポイントをもらうためには、FX口座への入金および取引が必要です。そして、取引するのに30円~2000円(FX業者による)のコストがかかります。これらのFX業者はコストパフォーマンスに基づいて厳選されたものです。他のFX業者もあるが、コストパフォーマンスが悪いため、ここでおすすめしません。